冷え性に良い食べ物

冷え性に良い食べ物

冷え性に良い食べ物は何と言っても体を温める食べ物です。体を温める食べ物を摂るということは、血液を直接温める、もしくは血管を通過中に温度が低下することを防ぐ・最小限にするということと、血管を拡張し体の隅々にまで血液を行き渡らせるという二つの観点から冷え性に効果を発揮します。

 

体を温める食べ物とは

 

体を温める食べ物と言ってまず思いつくのが、食べ物そのものが単純に温かいというホットメニューです。温かいメニューを経口摂取することで消化器を通る際に内臓を温めます。

 

もちろん消化中にどんどん冷えていくため温かいものを一品食べただけで効果があるわけでは無いものの、冷え性が辛い時に三食温かいもので統一するとそれなりに楽になることが多いようです。

 

特に汁物が良いでしょう。次に、体を温める成分を含有する食材です。まず思いつくのっはやはりトウガラシですね。トウガラシなどの香辛料には体温を大きく上昇させる効果があります。

 

ただし、刺激物は消化器、特に胃に大きな負担をかけるため、適量に留めたり、あるいは胃へのバリアとなるような牛乳や脂肪などと一緒に摂取するなどの工夫は必要です。

 

最後に、冬が旬の野菜は体を温める効果があると言われています。かぼちゃやにんじんなどの濃色の緑黄色野菜は特に効果が高いと言われています。これをシチューのような温かいメニューで食すのが食事から行う冷え性対策には最適と言えるでしょう。