冷え性 サプリ

おすすめ冷え性サプリランキング

  • 手足の冷えが気になる
  • 体全体の冷えをどうにかしたい

 

こんな冷え性の症状にお悩みの方におすすめの
体の芯からポカポカと温まるサプリを紹介します。

 

数多く販売されている冷え性サプリの中でも厳選・信頼できるものだけをピックアップしましたので、どうぞ参考にしてください。

 

高麗美人 1日約82円とコスパ優秀

高麗美人は、体の巡り良くし血行不良、冷えの改善サポートサプリメントになります。

 

有効成分「サポニン」を通常の倍近く含む6年根の高麗人参を使用し、サポニンがたっぷり含まれる高品質なサプリに仕上がっています。また、実際に実験した結果、基礎代謝が上がりポカポカ体温が維持することも判明しています。

 

本気の冷え対策、代謝アップを図りたい方に高麗美人をおすすめします。当サイトからお得な定期購入が可能です。

 

 

美めぐり習慣 返金保証&初回特別価格

美めぐり習慣は、さくらの森が販売する冷え性対策サプリメントです。

 

めぐりを良くするオーガニック生姜と吸収力の高いヘム鉄を中心に有効成分を豊富に配合し、冷え性・低体温症・貧血などの症状に効果的です。

 

また、ビタミンC・葉酸・ビタミンB群など女性の美容と健康を支える必須の栄養も凝縮しています。当サイトから先着300名様限定キャンペーンにて購入できます。初回66%OFFです!

 

 

くろす美人丸

くろす美人丸は、3つの温め成分をたっぷり配合した冷え対策サプリメントです。

 

体を温めるカプサイシン・黒酢・生姜の有効成分を豊富に凝縮しています。さらに、ビタミンC・トコトリエノール・アスタキサンチンなどの美容成分も含まれているから女性に嬉しい美容効果も期待できます。

 

様々な有効成分が含まれていながら1日あたり約45円とコスパにも優れているのが人気の理由です。

 

 

αGヘスペリジン 限定1000円

αGヘスペリジンは、体の冷え、手足の冷えが気になる人におすすめのポカポカサプリメントです。

 

体の温まるみかん風呂からヒント得て、研究・開発された結果、みかんの皮に含まれるヘスペリジンに冷え性改善に役立つことが判明しました。

 

また、ヘスペリジンのほかにも、生姜や山椒、ローヤルゼリーなど温め効果はもちろん、体の巡りを良くし健康増進を応援する成分が豊富に含まれています。

 

只今、初回半額分がグリコ公式サイトから購入可能です。

 

 

めぐりごこち 楽月花

めぐりごこち楽月花は、冷え性とともに女性が招きやすい特有のトラブル対策にも良いハーブ系青汁です。

 

生姜・ヒハツ・黒糖などのあったか成分のほか、巡りを良くする明日葉やリラックス作用をもたらすハーブもたっぷり。ホルモンバランスを整え、冷え性にも効果的です。

 

青汁といってもハーブが含まれており飲みやすいと評判。また1杯あたり約45kcalだからダイエット中でも安心して飲むことができます。

 

 

冷え性になる原因とは

 

体の末端が冷えてとても辛い冷え性、一口に冷え性と言ってもその種類は様々で、種類が様々なら原因も様々です。

 

明らかに他の大きな病気を原因とし、その一症状として冷え性が発生している場合を除くと、大きく分けて血液の温度そのものが低い場合と、血流が悪くて結果として末端の温度が下がっている場合とに分かれます。

 

 

症状は似たようなものですが、その対処法は異なるため自分の冷え性の原因は何かを見極める必要があります。

 

血液温度が低い

 

血液温度が低いことが主原因の冷え性は、内臓の温度も低いことがほとんどです。

 

血液を送り出す心臓の温度が低ければ、送り出される血液の温度も低いですし、体の中心周辺の温度が低いとすぐに血液の温度が低下してしまいます。

 

これは夏に多く、冷房など外気で内臓や中心温度を下げ過ぎたり、冷たい物の食べ過ぎや体を冷やす野菜の食べ過ぎなど、様々な原因で直接的に体を冷やしてしまうことが原因となっています。

 

血流が悪い

 

血流が悪いことに起因する冷え性は現代人に極めて多く、この冷え性で悩む人の多くは末端の毛細血管が退化しているのです。

 

血管はかなり短期間で環境に適応する器官であり、無酸素運動、いわゆる筋力トレーニングを行うと目で見てわかるほどに筋肉の周りの血管が筋肉で発生する乳酸を運ぶために太く成長します。

 

そして、運動量が極端に不足している現代人の毛細血管は退化し末端の血流量が不足するため冷え性になりがちなのです。

 

冷え性を改善するには?

 

女性がなりやすい冷え性ですが、主な原因は血流が悪いことにあります。まずはシンプルに体を温めて、血の巡りをよくする対策が有効的でしょう。

 

体を温める

 

血の巡りが悪くなる原因の1つが冷えなのですが、最近は夏でも冷房をつけることが多いでしょう。この冷房も冷え性の原因になっているのです。

 

そのため、体をあまり冷やさないことや、しっかりと暖めることが冷え性の改善には欠かせません。体を温めるのによいのは、やはり風呂でしょう。少しぬるめお湯でしっかりと暖めるのが効果的です。

 

軽い運動をする

 

血の巡りをよくするためには、やはり定期的に運動をすることです。いきなり激しい運動をするのはよくないので、自分の体力に合った運動をするのがよいでしょう。

 

普段から運動をしている人であれば、多少激しい運動をしても問題ありません。しかし、あまり運動をしない人の場合には、まずはウォーキングから始めてみるべきです。ある程度慣れてきたら、マラソンをするのもよいでしょう。

 

マッサージも効果的

 

冷え性の改善には、マッサージも効果的です。足にはたくさんのツボがあるので、どこを押しても効果的だと言われているのですが、特に効果的なのはうちくるぶしの頂点とアキレス腱の部分です。

 

この2箇所は冷え性に効果的であり、血流をよくする効果もあると言われています。他にも足だけではなく、手の甲にある人差し指と親指が交差している線上のツボを押すことでも効果があると言われているのです。

 

 

冷え性体質改善に効くサプリはどんな成分?

 

冷え性は体質も関係していますが、食生活の改善によって変えることもできます。しかし、食事だけでは難しい部分もあるので、サプリメントを用いるのがよいでしょう。

 

体を温める生姜

 

体を温める成分と言えば、ジンゲロールやショウガオールでしょう。名前を見ると分かるように、生姜に含まれている成分でもあります。よくサプリメントにも生姜エキスが使用されています。

 

しかも生姜エキスには殺菌効果もあるので、風邪の予防にも効果を発揮するのです。サプリメントを購入する際には、ジンゲロールやショウガオールという成分に注目してみましょう。

 

昔は薬として使われていた高麗人参

 

高麗ニンジンは一般的な野菜のニンジンとは違い、昔は薬として用いられていました。滋養強壮効果があり、現在でも漢方薬やサプリメントにも用いられているのです。

 

高麗人参も冷え性対策に効果的と言われているので、高麗ニンジンを使った薬膳料理などを食べるとよいでしょう。サプリメントの場合には、主成分として使われていることもあります。

 

血管を強化するへスぺリジン

 

冷え性の原因として、血流がよくないことも挙げられます。そのため、血管を強化することで冷え性を改善できる可能性もあるのです。

 

血管を強化できる成分の1つがへスぺリジンと呼ばれている成分で、抗炎症作用や血圧を下げる効果も期待できるでしょう。毛細血管を強化することで、しっかりと足の先まで血液が循環しやすくなります。

 

冷え性サプリの正しい選び方

 

冷え性サプリを選ぶときには、やはり含まれている成分がとても重要です。どのような成分が冷え性改善に効果があるのかを知っておけば、正しい選び方ができるでしょう。

 

有効成分が含まれているか

 

冷え性サプリだけではなく、基本的にサプリメントを選ぶときには、有効成分が含まれているのかが重要です。冷え性の場合には、生姜や唐辛子、高麗人参やイチョウの葉、へスぺリジンやマカなどが含まれているのがよいでしょう。

 

これだけ覚えておくだけでも、冷え性に効果的なサプリメントが選べるようになるでしょう。そのため、成分表示は必ず確認しておくことが重要です。

 

長く飲み続けられること

 

サプリメントは薬ではないので、1週間ぐらいで効果が出るわけではありません。数ヵ月間飲み続けることで効果が実感できるので、長く飲み続けられることが重要です。

 

例えば飲みやすさやコスパなども重要ですし、効果が出て安全であることも重要です。基本サプリメントは飲みやすいですし、最近はコスパのよい製品も多いので、しっかりと情報収集をしておきましょう。

 

お試しセットを利用する

 

サプリメントの中には、お試しセットやお試し品の提供といったサービスを導入していることがあります。量は少ないのですが、その分かなり安い値段で購入できるのが特徴です。

 

初回限定なのが一般的ですが、このようなサービスを行っているということは、商品に自信があるからです。そのため、お試しセットやお試し品を購入できるサプリメントを購入するのもよいでしょう。

 

冷え性を悪化させる習慣に注意!

 

日頃の生活習慣によっては、冷え性を悪化させてしまう場合があります。日ごろの習慣に注意して、冷え性の悪化を防ぐことも重要です。

 

体を締め付けてはいけない

 

最近太ってきたからと言って、そのままきつい服で毎日生活をしていると、血流を妨げてしまうことになります。そのため、多少福は余裕のある物を身に付けるべきでしょう。

 

靴下や靴も同様なのですが、あまり緩すぎると皮膚が擦れてしまうため、ちょうどよいサイズの物を選ぶ習慣をつけておくべきです。衣類の締め付けはよくありません。

 

体の暖め方にも注意が必要

 

寒くなってくると、一時的な温め方をする人がいます。例えばストーブの前で手足を温めるという行為ですが、これは一時的には効果があるものの、すぐにまた冷えてしまうのが一般的です。

 

このような一時的な温め方ではなく、低温でじっくりと暖めることや、衣類などで温めることが重要です。風呂も同様で、熱いお湯に短時間浸かるのではなく、少しぬるめのお湯に少々長い時間浸かるのがよいでしょう。

 

最も重要なのが食生活

 

冷え性を最も悪化させてしまうのは食事です。そもそも冷え性の原因は血流の悪化なので、血流を悪化せてしまうような食事は避けましょう。では、どのような食事が冷え性を悪化させてしまうのでしょうか。

 

それは体を冷やす夏が旬の食材ですが、健康によい物も多いので、食べ過ぎには注意しましょう。あまり食べるべきでない物は、塩分の濃い食品とコレステロールの高い食品です。